パソコンの購入方法で節税を行う

パソコンの購入方法で節税を行う 会社にとってパソコンは必要な物になっています。社員にデスクが必要なのはわかりますが、パソコンも必要な物の一つです。新たに購入することもあれば、それまでのものを流用することもあります。一般には耐用年数が決められているのでそれに合わせて購入することになりますが、問題なく使えれば年数が経ったものでも問題ないでしょう。この時通常は減価償却が必要になります。耐用年数にわたって費用計上しなければいけません。買った時に費用計上できなのです。

節税としては、パソコンの購入代金を気にするようにします。金額によって購入時に全額損金に出来る場合があるのです。家電量販店などでも法人部などがあり、法人に対して得になるように提案してくれることがあります。このようなときにも税金がかかりにくいようにしてくれるはずです。減価償却しないといけないのと購入時に損金できるのとでは大きく異なります。最終的にはどちらも経費にできると思う人がいるようです。

購入時に損金にできれば、その分利益を減らせ、税金を減らせます。お金がありますからそれを経営に使うことができます。減価償却をして利益を増やし、税金を増やせばお金が少なくなり、資金繰りが苦しくなるのです。

Copyright (C)2015パソコンの購入方法で節税を行う.All rights reserved.